logo

音の玉手箱 Ⅵ 2012

2012年1月9日(月・祝)

さいたま市文化センター
小ホール

プログラム

ショパン・・
●エチュード作品25 第11番「木枯らし」
●エチュード作品10 第5番「黒鍵」
●ポロネーズ第7番 変イ長調Op.61「幻想」
ラフマニノフ・・
●前奏曲嬰ハ短調 作品3 第2番「鐘」
リスト・・
●メフィストワルツ
他(演奏曲は1部変更する場合がございます)

松本和将ピアノリサイタル




~音の玉手箱 Ⅵ 2012~

2012年1月9日(月・祝)
さいたま市文化センター・小ホール
開場/13:30
開演/14:00
チケット【全席自由】(一般)3,500円 (会員)3,000円

お申込みメールまたは☎048‐829-2360まで

松本和将Profile

1979年、岡山県倉敷市に生まれる。  幼い頃よりピアノに目覚め、倉敷青陵高校在学中、地元で演奏活動を行うと共に、ホロヴィッツ国際ピアノコンクール第3位など国内外のコンクール高校の部で上位入賞。また、ジュニアオーケストラやバンド等、幅広い音楽活動を経験する。
 1998年、東京芸術大学1年(19才)で、第67回日本音楽コンクールに優勝し、併せて増沢賞はじめ全賞を受賞。
 1999年より各地での活発な演奏活動を開始。ソロリサイタルや室内楽をはじめ、これまでにプラハフィル、読売日響、日本フィル、新日本フィル、東京交響楽団、東京フィル、東京シティフィル、群馬交響楽団、ベルギー国立オーケストラ、大阪フィル、岡山フィル、倉敷音楽祭祝祭管弦楽団他多くのオーケストラと協演。米国、チェコ、中国、ドイツなどでの演奏会にも出演する。 室内楽では2006年~2007年オーボエの宮本文昭ラストコンサートツアーに参加やチェロの趙静とのデュオ、ソプラノの中嶋彰子との共演は好評を博す。 2006年にはベートーヴェン3大ピアノソナタで全国ツアーを行う。
2008年バイオリンの渡辺玲子氏とNHK-FM「ベストオブクラシック」に出演。
 東京藝術大学創立120周年記念音楽祭に出演。
 別府アルゲリッチ音楽祭に招待され、リサイタル&マスタークラスを行う。
ビクターエンターテインメントより7枚のCDをリリース、各誌で絶賛される。
2001年第53回ブゾーニ国際ピアノコンクール(イタリア)第4位。
2003年には世界三大コンクールの一つ、エリーザベト王妃国際音楽コンクール(ベルギー)では第5位入賞を果たす。
  谷口厚子、芦田田鶴子、故中島和彦、角野裕、御木本澄子、パスカル・ドヴァイヨンに師事。
 岡山県芸術特別顕賞、倉敷市芸術文化栄誉章、福武文化奨励賞、マルセン文化賞、エネルギア音楽賞受賞。

オフィシャルウェブサイト

ページのトップへ戻る